32 Koukei no kenjuu ( kanji ) The Gazette

Tekst piosenki

  • Tekst piosenki Redakcja
32口径の拳銃

今宵はジメジメした「五月雨」です。
レア気味の本能がガラガラとうずく
ひきだしに隠してたホコリまみれの
32口径の冷たく重いピストル
六畳一間のこの部屋は何時も
七年前のアノ夜を抉り返す。

目をそむけてきた事実に追い詰められて
前には進めず また途方に暮れてしまう

子供の頃 ずっとずっと一人ぼっちで
辛い時は気付いて欲しくて泣いてた
僕を捨てた父や母の顔を浮かべては
幾夜も幾夜も泣いて …声をあげて

今宵はジメジメした「五月雨」です。
レア気味の本能がガラガラとうずく
安定剤漬けの毎日も今日で終了です。
ドクドクドクドク胸が張り裂けそうさ!

投げやりになれば楽になれたのに ためらうばかりで身動きも取れず
もしも生まれ変われたら その時は今より少しでもいい幸せになれたらって…
優しすぎの母親と、心配性の父親の愛を受けて育った僕は
臆病さを、弱き自分を憎んだ…

子供の頃 ずっとずっと一人ぼっちで
辛い時は気付いて欲しくて泣いてた
僕を捨てた父や母の顔を浮かべては
幾夜も幾夜も泣いて

いつか3人手を繋いで またここで一緒に暮らそうねって
そう言ったから僕ずっと待ってたのに
どうして帰って来てくれなかったの? ずっと… 待ってたんだ…

(信じ続けた少年は皮肉にも五日後の昼過ぎに両親の元に帰りましたとさ…)




Oceń to opracowanie
Kontrybucje:
Redakcja
Redakcja
anonim